電話代行を利用する事のメリットを考えると、どういう人が利用するのかという事が見えてきます。電話代行の最大のメリットは、事務所、店舗に人がいない状態でも、必ず顧客とのコンタクトが取れるという点です。

もしも事務所に誰もいない状態であれば、転送サービスなどを行っていると思いますが、転送サービスなどを行っていない場合、留守番電話にしていても、顧客はそのまま切ってしまう事が多いです。転送になっていると話しにくいと考えて切ってしまう人もいますし、いつも転送になる事で信頼できないと感じてしまう事も少なくありません。

転送されたところで相手が出るという事は外出しているという事、これが顧客にもわかるので、人数が少なく忙しい印象となり、急ぎの依頼などはしないほうがいいかな?と思わせてしまう事も少なくないのです。

電話をかけて常に電話に出てくれる、という状態が欲しいという人に、電話代行が選ばれているのです。電話代行のスタッフでも、その企業や店舗の従業員として対応してくれるので、顧客の方も依頼しやすく、またいつでも出てくれる安心感があります。

事務所が空っぽになってしまうというのは、信頼度が低くなる要因となります。顧客に安心感を与えたいという方も、電話代行を選んでいます。