最近はSOHOとして働く方も多いのですが、取材や打ち合わせなどの際、事務所を開けることが多くなると電話応対に困る事が多くなります。クライアントと仕事の事について話し合い、長い時間外出するという事もあるでしょう。そんな時、別の仕事の電話がかかってきたら?どうしようもありません。

携帯やスマホで対応できるという人もいますが、クライアントと会議中にかかってきた電話に出ることはタブーです。そのため、後から電話する事になりますが、その時に電話に出られなかったことで仕事を一つ失うという事もあるのです。大きな仕事ほど、こういう時に連絡が来るものです。

いつでも電話に出ることができるという状態で外出する分には転送で済むと思いますが、外出先で電話に出ることができるかどうかという事については、会議や商談などがあるでしょうから、わかりません。こういう時に電話代行を利用すれば、仕事を取りこぼすこともなく、しっかり対応できるのです。

ご家族に電話対応をお願いする人もいますが、電話をかけた人からすれば、授業員ではないな?と、教育されていない電話対応で気が付く可能性もあります。そのため、しっかりと教育されている事務員的な存在となる電話代行のスタッフは、非常に役に立つのです。