電話代行を利用される方、企業等が多くなっています。電話代行というのはどういうサービスなのかというと、店舗や企業などの電話応対をしてくれるというサービスです。

個人事情主の場合、業績がよければ事務員を雇用し、電話応対、書類などの作成を依頼する事が出来ますし、正社員として雇用する事も可能ですが、業績がとんとんという場合、一番節約したいのが人件費です。

事務員をアルバイトでも雇用するという事になれば、少なくとも毎月15万円以上の費用が出ていきます。正社員として雇用する場合、その他様々な費用が必要です。起業したばかりで先行きが分らないという状態で、事務員を雇用するというのは危険なので、まずは自分一人、また家族の協力を得て起業する方が多いでしょう。

自分一人で起業する場合、顧客への対応、電話対応、股書類の作成や経理など、すべてを行う必要があります。ずっと事務所、店舗にいる事は新しい顧客を開発する事が出来ないため、結局、携帯やスマホへ電話を転送するという形で対応するしかなくなってしまいます。でも、やはり顧客側としては常に電話をすれば事務員さんが対応してくれるという方が安心です。

個人事業主や事務員の雇用を考えていない企業、また家族経営の場合など、従業員の代わりに従業員として顧客への対応、電話対応をしてくれるのが電話代行なのです。

当サイトは、どのような方が電話代行を利用されているのか、どんな時に利用すると便利なのかお知らせします。これから電話代行を利用しようと思っている方に電話代行という仕事がどのような物なのか理解していただけたら幸いです。